ウィメンズコレクション

ラグジュアリーさに新しい感性と感覚をプラスした今シーズンのカールドノヒューは、手作りの美しいレザー、シャーリング、ファーをテクスチャーとシルエットに落とし込んだコレクションを提案しています。モダンなアイディアと伝統的な製法を取り入れ、新鮮でエナジーが満ち溢れるアウターウェアとアクセサリーを展開しています。

人気のシグネチャーアイテムであるフードジレ。スポーツ・リュクスをテーマに作られたこのジレはアンバー色でスタイリッシュかつ高級感を兼ね揃えています。コンテンポラリーなデザインのジレは、リバーシブル仕様で異なる表情を演出できます。また、レザージャケットと重ね着をしてレイヤードスタイルを楽しむこともできます。

クラシックでありながらコンテポラリーなトレンチコートは、スタイリングの定番アイテム。ドロップショルダーとウェストベルトにより女性らしくリラックスなシルエット。一枚で楽しみつつも、シアリングのロングジレを重ね着したレイヤードスタイルにすれば冬も着用可能なアイテムです。一緒に合わせたアイテムはシアリングのポンポンキャップです。

カシミアのような軽やかで優しい肌触りのカシミアタッチスキンのマルチカラーブロックのジレは、今季大注目アイテムです。

バイカラースカーフは3枚のパネル状のシアリングを繋ぎ合わせています。長さも十分にあるので2重に首元に巻くこともでき、2箇所あるボタンフープを使えば幾通りもの巻き方のアレンジが可能です。レザーコートに合わせるのもオススメです。

ナチュラルエッジと呼ばれる自然なカッティングが特徴的なスカーフ。今季はスムースなナッパ調のスキン面とのコントラストも魅力の一つ。巻き方のアレンジとしてファーとスキン面の両面を見せることのできるデザイン。

KARL DONOGHUE & SAGA FUR コラボレーションの一着。毛足の短いカシミアタッチラムスキンとフォックスファーの計算された配置によってエレガントすぎずモダンなデザインに仕上げました。

ほどよい艶感のラムレザーとファーのコントラストがユニークなオーバーサイズジレはコクーンシルエットにダブルボタン使いのモダンなデザイン。

Karl Donoghue の代表的なシュラッグはアンバー色でどんなスタイリングのアクセントにもなります。

スペイン産の希少なエントロフィーノラムレザーのコートは、その軽さと滑らかさを最大限に活かすため、ノンライニングにしています。秋口はさっと羽織れ、冬にはジレを中に入れレイヤードスタイルを楽しんで下さい。

ウエストカットのショートジレはリバーシブル仕様な上、前後で毛足が異なるファーを使用しています。毛足の短い面を背面にすれば、レイヤードしてもスッキリ着られます。ナチュラルなアーティチョーク色はどんなスタイリングにも合わせて頂けます。

マリンネイビーのレザーコートはクラシックなトレンチコートをイメージしています。トレンチの特徴であるストームフラップや水牛の角でできたボタンやバックルといった細部までこだわった一着です。

この秋はファーとレザーの質感の違うアイテムの組み合わせを楽しんで下さい。こちらではカシミアタッチ ロング ジレをレイヤードしてスタイリングしています。

Karl Donoghue & Saga Furコラボレーションアイテムのボタンスカーフを取り入れれば、スタイリングのアクセントに。

レザーとファーを合わせたユニークなチャームはハンドバッグを際立たせてくれます。

Karl Donoghue & Saga Furのコラボレーションから生まれたステイトメントアイテム。シャドー色の柔らかいレザージャケットとのコントラストが美しいシュラッグ。

ピンカールのかかったアーティチョーク色のオーバーサイズコートはサッと羽織るだけでこなれ感が出る一着。希少な大判のファーを贅沢に使用しています。

淡いフェザー色のカシミアタッチラムスキンのリバーシブルVネックジャケットはエレガントでありながらコンテンポラリーなアウター。ドロップショルダーとかすかなコクーンシルエットは、ファー面とスキン面では全く異なる表情を見せてくれる一着です。質感や色味からフォックスファーやカシミアタッチのスカーフとも相性抜群です。

クラシックなベルト付きトレンチコートは羽のように軽く着心地が良いアウターです。時を重ねるごとに身体に馴染み、着やすさも増していきます。気づけばワードローブに無くてはならない存在になっている一着です。

ドロップショルダーと太めのアーム、最後に袖口のベルトをしめればモダンな印象に。毛足の長いトスカーナラムスキンのファーと合わせて遊び心を加えたスタイリングもおすすめです。

トスカーナラムスキンのルームシューズは調整可能なバックストラップ付きです。毛足の長いトスカーナラムスキンはラグジュアリーでシックなボリューム感があります。写真右からアンバー、アーティチョーク、シャドー色となっています。

Karl Donoghueのジレの中でも一番軽量のジレです。小さく上品な襟元、ツヤが出る加工を施した高級感のあるファー、そしてスキンとファーのコントラストを楽しめる一着です。カシミアタッチのサンダルとキーチャームがスタリングのアクセントに。

エレガントなベイ(ローリエ)色のジャケットは重ね着でも、そのまま羽織るだけでも様になる一着。ラグランスリーブでオーバーサイズフィットのリラックススタイル。自然の風合いを残すため、ライニングは付いていません。アンバー色のフィンガーレスカフとも相性抜群です。

ピンカールされたファーを使用し上品な印象のオーバーサイズリバーシブルジャケット。大判のスキンを贅沢に使用し、ピンカールのファーが縫い目に施してある特徴的なデザインです。

今季のトスカーナコートはダブルの前開きデザイン。ボタンを開けて着れば、内側のファーがラグジュアリーさをプラスしてくれます。肩を小さめにすることで、ストンと裾まで落ちるストレートカットでコンテンポラリーなシルエットに仕上がりました。襟元のファーと表面の柔らかなナッパ加工のスキンのコントラストがモダンなアウターです。

大きめな襟とポケットが特徴的なアラバスター色のトレンチコート。ワイドに開いた襟元はファーアイテムとのレイヤードスタイルを計算して作られたデザインです。カシミアタッチのサンダルと合わせてコンテンポラリーでリラックスしたコーディネートに仕上げています。

エナメル加工を施したスキンとファーをパネル使いし、コントラストを効かせたリュクスでカジュアルなマリーン色のオーバーサイズジレ。ピンカールしたファーが特徴のパカヤ・メリニロラムスキンを使用しています。こちらではシャドー色のトスカーナラムスキンのスカーフを合わせています。

シャドー色のカシミアタッチラムスキンのロングコートはスタイルがスッキリ見えるよう、肩幅を狭く、裾に向かってストレートカットしたシルエットに仕上げました。真冬のコーディネートにぴったりです。

ご登録頂くと、キャンペーン情報やニュース、イベント情報などをお届けします。